一般社団法人 日本カリヨン演奏家協会

カリヨンの専門家として社会に貢献します

この画面は、簡易表示です

ご挨拶

発足のご挨拶

このたび、カリヨン の職業演奏家によるプロフェッショナル団体として、日本カリヨン演奏家協会を発足いたしました。中世ヨーロッパに端を発し、いわゆる職人集団「ギルド」の性質を今も色濃く残すカリヨン の演奏家のコミュニティですが、このカリヨンの演奏家になるには、欧州ないし北米にある教育機関で正規のトレーニングを受け、それぞれの資格認定試験を経て認定される仕組みとなっています。

残念ながら日本にはカリヨン の教育機関が存在しないため、オランダ、ベルギー、北米各地での教育機関での研鑽を経て、欧州は各カリヨン学校の卒業認定/ディプロマ資格を得て、あるいは北米では北米カリヨンギルド(The Guild of Carillonneur in North America)の試験に合格することで職業演奏家としての資格を得る仕組みとなっています。

カリヨンは主に広場などに設置されており、地域社会に対する公共性を伴う楽器およびその演奏活動となりますので、演奏技術や知識、カリヨンの伝統と文化に対する理解など、プロフェッショナルとしての質の担保が必須となります。欧米で職業演奏家としての資格が求められるのもそういった背景によります。日本にも少数ながらカリヨンは存在しておりますが、これまで日本人カリヨン演奏家による職業人の団体としての活動などは行われていませんでした。

欧米とは異なる事情も多い日本の社会ですが、西洋のカリヨンの文化と伝統を敬い、その質の担保と向上に努め、広く日本の社会にも受け入れられる「本物の」カリヨン文化の発展に貢献していくことを願っております。

演奏会を初め、カリヨンに関する情報全般は随時Twitter等で発信の予定です。





top